痛みを我慢する女性

慰謝料のあれこれ

ファイルを持っている

交通事故が起きれば、弁護士に相談することで慰謝料というものを加害者に対して請求することが出来ます。 そもそも、交通事故に伴う慰謝料とはどのような権利でどのような意味を持っているのでしょうか。

被害者になった場合

営業に出かける

手段の一つとして被害者になった場合慰謝料の請求ができますが場合によっては傷以外のことで賠償が受けられる可能性があります。詳しい話は法律のプロ弁護士に尋ねてみましょう。

お得に利用出来る

ノートにまとめる

今とは違い、昔は弁護士も莫大な費用がかかっていましたがキャンペーンが広く活用されるようになってからお得に弁護士の利用が出来るようになっています。節約意識が強い人に向いているでしょう。

保険会社ではない

やる気がある社員

専門家に相談することで、ストレス無くスムーズに離婚をすることができます。実績豊富なこちらに話を聞いてもらいましょう。

存在する、保険会社が示談代行できない交通事故

任意保険契約者が交通事故を起こした場合、契約者に代わって保険会社が相手との示談を行うことが一般的です。但し、保険会社が示談代行できるのは、契約者に過失がある交通事故のみです。多くの交通事故の場合、比重は違えど、双方に過失があるものです。ですから、すべての交通事故で保険会社が示談代行してくれると勘違いしがちです。しかし、停車中に交通事故に遭遇するといった、いわゆる、もらい事故の場合、保険会社は示談代行できないのです。 自ら示談を行うことは、非常に煩わしいことです。また、素人が示談を行っても、上手くまとまらないことは往々にしてあります。 自分は示談の素人であっても、相手が任意保険に加入していれば、示談の相手は保険会社、つまり示談のプロとなります。ですから、相手側主導で示談は進められることになるでしょうし、その結果、大した賠償を得られないこともあります。 相手が任意保険に加入していない場合にいたっては、まったく相手が示談に応じず、何も賠償が得られないということもあります。 ですから、自ら示談を行うことは、しない方が良いでしょう。

費用の問題は弁護士費用特約が解決

ならば、どうすれば良いのか。過失のない交通事故の示談代行は保険会社はできませんが、弁護士ならばできます。ですから、弁護士に依頼することが賢明な判断となります。 ただ、弁護士に依頼するとなると、費用がかかってしまいます。弁護士に依頼して思ったような賠償を得られたとしても、弁護士費用で、その賠償が損なわれてしまうのならば、弁護士に依頼するメリットは薄れてしまいます。 そんな時、役立つのが保険会社が弁護士費用を支払ってくれる任意保険の特約、弁護士費用特約です。まさかの時のことを考えて任意保険に加入しているわけですから、あらゆるまさかの状況を考えておくべきです。しかも、もらい事故は比較的遭遇する確立の高い交通事故です。ですから、弁護士費用特約は、付けておくべきでしょう。

トップクラスの解決実績があるので安心して依頼できます!京都で過払いや債務整理を解決してくれるのがこちら。

オススメリンク